こんにちは、はるきです。

「ブログを頑張って書いていたけど、毎回毎回3000文字の記事が必要で疲れてしまった。」

「公式サイトを見ればわかる内容をただ縦に長く焼き増ししただけで、一体何の役に立つっていうんだろう?」

とアフィリエイトに取り組んでいると、壁にぶち当たることってありませんか?

私は普段稼いでいるサイトで、15000文字ぐらいのコンテンツを自力で作ることがあります。(上位表示に必要なので)しかし、自分で長文をタイピングしていて「これを本当に読む人っているんだろうか?」とつくづく疑問に思ったり、1記事を書くのに3日かかってあまりにも非効率だなと感じることがあります。

そこで、何でもかんでも長文にするのではなく、コンパクトに内容をまとめてTwitterで流してみました。すると、案外アクセスがサクッと集まってしまいました。今回はそのことをご紹介します。

 

Twitterアカウント開設初日で案外サクッとアクセスが集まる

  • Twitterアカウント開設日時:2017年11月某日
  • ツイートの投稿方法:ブログからツイートボタンをクリック
  • ツイート数:9(特化ブログ9記事)
  • Twitterからブログへのアクセス:249PV/Day
  • フォロワー:0(今は徐々に増えてますが、この時はまだ0でした)

思ったよりいい感じで、自分でもびっくりしています。

「どうせ、はるきさん3年前からアフィリエイトやってるし、昔からいるフォロワーに流しただけでしょ?」と変なことを勘ぐられる可能性があるのであらかじめいっておきますが、「フォロワー0の新規Twitterアカウントで、バズ受けを一切考えずに記事タイトルとURLを流しただけ」です。

今の私のスキルでTwitterアフィリエイトやったらサクッと稼げそうです(笑)。(私がアフィリエイトを始めた頃(2014年)にTwitterアフィリエイトを取り組み、見事に挫折した経験があります。あの頃の俺とは大違いだぜ!)

 

なぜはるきは、いとも簡単にTwitterからブログへアクセスを集められたのか?

  • ここ1年間Twitterをガチで使って、ユーザー心理をある程度把握した(アフィリエイト開始当初はTwitterを使っていなかった)
  • リツイートされることよりも、アクセスを集めることを意識した
  • Twitterユーザーと流した記事の内容がマッチした

この3つが大きな要素であると分析しています。

特に10代の若者は「Twitter検索を多用」していることが、調査データからわかっています。

若者を対象にしたLIDDELL調べ(2016年2月)によると、「最近検索によく利用する検索サービスはどれか。どのような時に利用するか」という質問に対して、非常に興味深い回答が得られた。Googleが33%でトップなのは大人世代と変わらないが、次いでTwitter(31%)、Instagram(24%)、Yahoo!(12%)となっている。なんと、GoogleとTwitterは利用率がほぼ同じ。InstagramはYahoo!の2倍となっているのだ。

引用:C-net Japan

つまり、何が言いたいかというと、「アクセスはGoogleだけじゃない」ってことです。

私を含めて、アフィリエイターは「検索はGoogleでしょ?Yahoo使うやつなんてアホスwwwww」、「Twitter?インスタ?そんなのガキがやってろよ。そんなのビジネスに役立たないじゃん」と集客=Googleと決めつける傾向にあります。

確かにアクセスが安定するのは検索からなのは間違いありません。しかし、時には今までと違ったところからの集客を意識して見ることで、今までとは違った物事の見え方・捉え方が現れるのでやってみてください。

<追記>

フォロワー12人しかいない状態で、アクセスはこんな感じになりました。

 

1日7PVで年間36000円の不労所得を生みだす記事を、特別にあなたへ無料で公開します!

    「アクセスが少なくても、深い悩みであれば成約を取れる!」特化ブログやサイトアフィリエイトをかじったことがあれば、あなたも一度は聞いたことがあると思います。
  • 「じゃあ深い悩みって何?」
  • 「具体的にどういう人のことをいうの?」
  • 「深い悩みと思われるものも案外ライバル多いんですけど・・・・・」
  • 「1000PV集めても1件も成約取れないんで、成約するなんて無理じゃないですか?」
私の昔もこのように悩んでいました。どんなに考えても答えが出てこないので、「アクセスが少なくても深い悩みなら成約を取れる」と主張する情報発信者に質問しました。しかし帰ってきた答えは「具体例は教えられないので、自分で頑張ってください」というものばかり。

今思い起こせば、その返答は当たり前でした。なぜならそのような情報発信者は「稼いでいることを装って本当は全く稼げておらず、情弱狩りでなんとか生き延びている情報詐欺師」だったからです。

しかたないので自分なりに模索、とにかく記事を書いて書いて書きまくって・・・・・・そんな取り組みをしていたある日、ASPの管理画面を見たらアクセスがごくわずかなのに成約が出ている記事があったんです!

この日をきっかけに、少ないアクセスで大きな報酬額を得ることに成功し始めました。その中でも私の集大成と言えるのが「1日わずか7PVで年間36000円の不労所得を発生させた記事」です。

  本当は企業秘密にしておこうかと思いました。しかし、「過去の私のように情報詐欺師の釣り文句に振り回されている方を救いたい!」

そう思ったので、私のメルマガに登録してくださった方限定で、「どのような思考があれば、少ないPVでも報酬を得ることができるのか?」実際の記事を用いて解説した無料レポートをプレゼントします。

このレポートは2017年9月30日以降、0円→9800円へ値上げします。無料のうちに今すぐ手にしてください!  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です