安定して月10万円以上稼ぐ特化ブログを構築するには、ジャンル・ネタ選びをどうすれば良いの?

こんにちは、はるきです。

今日は「特化ブログを構築するための、ジャンル・ネタ選びをどうすれば良いのか?」

というお話をしたいと思います。

「芸能トレンドアフィリエイトなんて、週刊誌の二番煎じ、三番煎じ、百番煎じだし、自分が買いた記事を恥ずかしくて家族なんかに見せられない!」

「価値ある情報をこの世に送り出し、安定して月10万円、そして将来的には100万円以上を稼ぎたい!」

そう思って特化ブログに移行しようと思ったあなたは、非常に素晴らしいビジネスマインドの持ち主です。

しかし特化ブログはいきなりジャンル・ネタ選定でつまづき、何の案件に取り組んだら良いのかわからないと悩むことが多いですよね?

これについて、ものすごく稼いでいる人に言わせると、「月5万円でもいいから実績出して、あとはその専門家を名乗ってお茶会でもセミナーでも開いていけば、誰でも簡単に好きなことで稼げるよ!」なんて言います。

イヤイヤイヤ、自分で有料商品作るなんて障壁が高すぎるし、特商法やメルマガ法の絡みもあって、実名を出したくない人も多いでしょう。難易度高すぎですよ(笑)

ということで今回は「ブログのアフィリエイトでだけで脱サラできるほど稼ぐ」ということに注力して、案件の選び方を解説しています。ぜひこの記事を参考にしてください。

HARUKI流【稼げるブログの7条件】とは?

私が導き出した、月収100万円を目指すブログの題材にふさわしい条件は7つあります。特に条件1、条件3、条件7は絶対に必須なので満たすようにしてください。

  • 条件1:パイが広いもの。なるべく日本人全てが対象となるものがベスト。
  • 条件2:すぐにではなくても、いずれかは高単価案件が紹介できるもの
  • 条件3:トレンド要素(新商品、新ノウハウ、新CM)
  • 条件4:継続できるもの。興味がないものは続かないし、仮に多少稼げてしまうとそこから続けるのは苦痛の日々。まるで芸能トレンドアフィリエイトのよう(笑)
  • 条件5:初期のうちは実際に購入しなくても紹介できるもの。または無料で手に入られるもの、今自分が使っているのものを紹介する。
  • 条件6:稼げるようになったら自ら実践できるもの。オリジナル体験談なくして価値あるブログなし
  • 条件7:雑誌が販売されているもの。雑誌がフルカラーで600円というのはどう考えても価格崩壊=広告主がいる=稼げるジャンル

それではさらに詳しく解説していきます。

パイが広いレッドオーシャンを狙おう!まだまだ隙間はある(必須)

  • ビジネスは需要があってこそ稼げます。
  • 商品は「欲しい!」と思うお客さんがいてこそ売れます。
  • サービスは「お金を払ってでも、これを使って今より幸せになりたい」というユーザーがいるから使われます。

つまり、「自分がやりたいことありき」ではなく、あくまでも「お客さんが欲しいと思うもの」を提供する必要があります。

例えば、自分は昭和の歌謡曲のレコードが好きで、それを主体とするカフェを開きたいと思ったとしても、そもそも昭和の歌謡曲が聞けるカフェを求めている需要なんてごくわずかです。

さらにもし仮にお店をオープンしたとしても、ターゲットとなる高齢者の方に、どうやってそれを広めて、どうやってお店まで来てもらうのでしょうか?

これらを考えただけで、レコードxカフェというビジネスの成功率が絶望するほど低いのははわかりきっていることです。

そして、これはアフィリエイトでも同様です。

例えば「葉酸サプリ」は超絶稼げるジャンル!

ここ最近アフィリエイトで稼げるジャンルと言われる「葉酸サプリ」。雑誌への露出の成果があり、いつのまにか妊婦さんには必須アイテム、というかもはや常識アイテムとなっています。

少子高齢化といえども、やはり結婚して子供を産んで家庭を築くというのは人間の本能ですので、日本の女性であればほとんどの方が通る道です。だからこそ月300万円以上大きく稼いでいるサイトアフィリエイターがゴロゴロいます。

また、葉酸サプリを買おうと思った人でも需要は様々で、

  • お医者さんが推薦しているもの
  • 雑誌で紹介されているもの
  • 自分の好きな芸能人がイメージキャラクターに起用されているもの
  • 放射能チェックがされているもの
  • カプセルが小さく飲みやすいもの
  • 匂いが少なく飲みやすいもの
  • 妊娠中のむくみに効果があるもの
  • 今飲んでいる他のサプリと相性が良いもの
  • 価格がやすいもの
  • 高くても本当に良質なもの

など、切り口が数え切れないほどあります。

たとえレッドオーシャンのジャンルでも、パイが広ければ需要の種類も山のようにたくさんあります。

需要の種類=切り口が山のようにたくさんあるのなら、大手のサイトアフィリエイターが狙っていない隙間を縫うように記事を書いていけば月10万円は余裕で稼げます。

 

「高級オーダースーツ」はニッチでアフィリエイトでは稼ぎにくいジャンル

それに対し、高級オーダーメイドスーツのアフィリエイト案件なんてものがあったらどうでしょう?

  • そもそも、スーツ1着に100万円をかけられる人はごくわずかだし
  • オーダーメイドスーツなら店頭で買うだろうし
  • なんでわざわざネットで申し込むの?そんなことしないでしょ

と3秒考えただけでツッコミ満載です。

某ASPで調べましたが、コンバージョン率がめちゃめちゃ低いです。1クリックあたりに換算するとアドセンスの方がましなレベルです。

ということで、まずはパイが広い案件であることが稼げるジャンル・案件の1つになります。

ちなみに、「パイが広くて稼げるジャンル・案件をどうやって探すのか」というあなたの疑問の答えはこちらの記事にあります。

★★今すぐチェック★★

 

高単価案件があるジャンル

ビジネスをする上で「単価」というのは見逃せない要素になります。

例えば月100,000円稼ぐために、1件1000円の案件であれば月に100件成約を取る必要があります。しかし、もし1件10,000円の案件であれば月にたった10件で月収10万円を突破できます。

もちろん1件あたりの単価が高くなれば、それだけライバルも多く・強くなるので、稼ぐのが簡単ではなくなります。

しかし、毎日記事を投稿していけばブログの力は徐々に強くなっていきます。すぐには上位表示できなくても、1年継続すれば1記事で月数十万円〜数百万円稼げる「ビッグワード」で上位表示できる可能性があるわけです。

継続して1年後、2年後まで取り組んだ未来を考えると、1件5000円〜10000円以上の高単価案件を紹介できるジャンルに取り組むがおすすめです。

 

トレンド要素があるジャンル(ほぼ必須)

特化ブログに置けるトレンド要素とは、新商品・新サービス・新CM・新手法などがあたります。

例えば「バナナダイエット」、「骨盤ダイエット」、「バナナダイエット」、「納豆ダイエット」など毎年いろんなジャンルのダイエットが流行りますよね?

ちょっと賢い方なら「そんな流行に振り回されずに、運動した方がはえーよ」と思ってしまいがちですが、そこはビジネスなので頭を切り替えましょう。

毎年新たに発生する「〇〇ダイエット」という手法は、その言葉自体が今までは存在せず、いきなり誕生して、しかも急に流行した「トレンドキーワード」になります。

つまり既存の「効果的に痩せる方法」などというキーワードよりも、圧倒的にライバルが少ないKWになります。

ライバルが少なく、しかもダイエットという絶対に需要があるジャンルですので、記事を早く仕上げたもの勝ちになります。

これから特化ブログを作るのであれば、トレンドキーワードがあるジャンル、またはトレンドキーワードである商標特化を作るのが良いでしょう。

 

継続できるもの(あなたかライターさんに興味があるもの)

特化ブログに限らず、ビジネスで稼ぐのに絶対に必要なのは「継続」です。

特化ブログはトレンドブログに比べて、アクセスが来るのも遅いし、稼げるようになるのもどうしても遅い傾向にあるので、実際に記事を書いていると、本当に稼げるのかどうか疑心暗鬼なってしまいます。(私が知り尽くしているジャンルなら1ヶ月30記事、月10万円も楽勝ですが、家電芸人クラスの専門知識を持っていることが前提です)

一度やってみたものの「頑張って10記事書いたのに全然アクセス来ないよ。1日50PVしかないし、それだったらこの労力をトレンドブログに割いた方が確実に3万円稼げたし良かった・・・・・」というように考えて、特化ブログを諦めてしまう人も多いです。

だからこそ、「初めのうちは別に稼げなくても、このことを書いているだけで楽しいし、少しずつライティング力が向上しているのが日に日に目に見えてわかるのが嬉しい」ぐらいの気持ちで取り組むのがベストです。

初めのうちは稼げなくとも、続けているとある日突然稼げるようになるのが特化ブログなので、とにかく継続できるもの。やっていて楽しいことである必要があります。

自分で記事を書くなら、自分が興味のあること(でなおかつ世間に需要があるもの)をやるのが一番です。もし、自分に興味のあることがないのであれば、外注さんなど他の人にお金を払って記事を書いてもらうのも良いでしょう。外注の場合は主婦が多いので、主婦の方が書きやすいジャンル(節約、美容、部屋片付け、教育など)がおすすめです。

しかし、「イヤイヤはるきさん。こちとら自分の寿命捧げて作業してんだよ。とにかく手っ取り早く稼ぎたいんだよ!」という場合は、極限まで特化ブログの成功率を高める方法とは?をご覧ください。

極限まで特化ブログの成功率を高める方法とは?【トレンドブログ卒業計画】

2017.08.01

極限まで成功率を高めているし、この手法を使うのが一番手っ取り早く稼げます。私が実際に稼げている特化ブログをチャチャッと作ってしまったのもこの手法を使ったからです。

 

稼げるようになる前は、買わずに紹介できるものを選ぶ

もちろん自分で商品を買って紹介するのが一番売れますし、あなたに対する読者さんの信用も上がります。

しかし、初めのうちは「売れるかどうかわかんない商品をわざわざ買うのはちょっと・・・・・」ということもあるでしょう。

それだったら、買わずに紹介してしまうのも1つのテクニックです。

商品を買わずに紹介するのは以下の2つのパターンがあります。

  1. 口コミや効果をまとめる
  2. 購入を検討している(特に競合商品との比較)の記事を書く

そもそもネットで商品の口コミや効果を調べている人は、あなたがその商品を買ってどうなったかなんて、ぶっちゃけどうでもいいんです。知りたいのは「自分がその商品を購入したらどんな未来を手に入れられるのか?(専門用語でベネフィットという)」ということです。

ということは、すでにネットに情報があるのであれば、その情報を今ネットにある環境よりわかりやすく届けてあげれば良いんです。例えば化粧水なら、こういう成分が入っているから効果があるとか、お医者さんがどこどこの雑誌で推薦しているとか、乾燥肌の人にはおすすめだけど、油っぽい肌の人には向かない。といったことです。

そしてもう1つ注目すべきは、購入を検討する記事がかなりコンバージョンに繋がるということです。人は感情でものを買って、後から理屈付けをする生き物です。もし、自分と同じ環境で悩んでいる人が、あれこれ検討した結果、Aという商品を買うのがベストだということにたどり着いたなら、自分もその商品を欲しいと思いませんか?そして買った後で、これはあの人がこうやってこう説明しているから、自分にふさわしい商品だと理屈付けするんです。

具体的に例を出しましょう。カーペットに絡まったペットの毛もスルスル吸い取れるワイヤレス掃除機が欲しいな思ってた人が、こんなブログを見つけたらどう思うでしょうか?

ネットで検索したら、5種類ワイヤレス掃除機の売れ筋がある中で、ペットの毛が一番取れるのがA/B/C/D/Eの中でCという商品らしいという噂を聞いた。そこで、その噂が本当なのか実際に電気屋さんで試させてもらった。そうしたら本当にCがベストだった。

記事には一切買ったとは書いてませんが、おそらく読者さんはCの掃除機が欲しくなりますよね?

今回は極端な例ですが、このように購入の検討の記事を書くだけで、商品は簡単に売れるので今すぐ実践してください。

 

ある程度稼いだら実際に購入してレビューする。体験談なくしてオリジナリティーなし

商品を買わずとも、ある程度の収益が出てきたら満足するのではなく、商品やサービスを実際に購入してレビューを書きましょう。

レビューは検索ユーザーがもっとも知りたい情報「自分がその商品・サービスを買うことによってどんな未来を手に入れられるのか」がイメージしやすいからです。

私も金銭的に余裕がなかったときは、商品を買ってレビューなんてものはできませんでした。

しかし、最近は10万円以上する商品を日本未発売時点で海外から輸入し、レビューを書きました。すると数ヶ月後の日本での発売に合わせ、日給30万円という爆発的なアクセスと売り上げを達成しました。

さすがに私も10万円の商品を英語のサイトから一括購入するのはかなりためらいました。「ちゃんと届くんだろうか?住所の入力間違って家に届かなくて、10万円パーにしたらどうしよう」と不安にもなりました。しかし、それに見合うリターンは十分帰ってきました。

発売日に30万円、その後もジャラジャラと売り上げを続け、その月は発生ベースでアフィリエイトで月収190万円を突破しました。(トータルの承認率は90%ぐらいなので実利は170万円ぐらい。我ながら外注0でこれは偉大だと自負してます)

また、逆転の発想で、すでにあなたが持っているもののレビュー記事をかけるブログを作るのも1つの手です。お金はかかりませんし、商品は売れまくってアフィリエイト報酬もチャリンチャリンと簡単に入ってくるようになります。

 

雑誌が販売されているもの(必須)

雑誌というのは基本的に巨大広告です。

例えばこの雑誌

HARUKIの推しメンは左

アイドルの写真がたくさんのっていて、130ページ中カラーページが90ページほど。どう考えても630円で販売できるものではありません。それでもこの価格で販売できるのはそれだけ広告費をもらっているからです。

特にオンライン上のブログやネットニュースと違って、オフラインの雑誌は一度販売してしまうと修正がききません。ということは、広告主はテストにテストを重ねてこれなら絶対に儲かるとわかっているから雑誌に広告を掲載しているのです。

ということは、雑誌で宣伝されている商品はほぼ間違いなく、「雑誌に載せるだけでバカ売れすることがわかっている商品」ということになります。この甘い蜜を逃すわけにはいきません。今すぐ本屋さんに行ってどんな雑誌、どんな広告があるのかをリサーチしにいきましょう!(ちなみに雑誌の最後の方のページには、包○手術案件がのっていました)

また、コンビニに置いてある雑誌は売れ筋中の売れ筋、「今日本で一番儲かっているジャンル」と行っても過言ではないので必ずチェックするようにしてください。

 

最後に復習!稼げる特化ブログのネタ構築・ジャンル選定

ここまで長かったと思いますが、人はすぐに忘れる生き物なので最後に復習です。

  • 条件1:パイが広いもの。なるべく日本人全てが対象となるものがベスト。
  • 条件2:すぐにではなくても、いずれかは高単価案件が紹介できるもの
  • 条件3:トレンド要素(新商品、新ノウハウ、新CM)
  • 条件4:継続できるもの。興味がないものは続かないし、仮に多少稼げてしまうとそこから続けるのは苦痛の日々。まるで芸能トレンドアフィリエイトのよう(笑)
  • 条件5:初期のうちは実際に購入しなくても紹介できるもの。または無料で手に入られるもの、今自分が使っているのものを紹介する。
  • 条件6:稼げるようになったら自ら実践できるもの。オリジナル体験談なくして価値あるブログなし
  • 条件7:雑誌が販売されているもの。雑誌がフルカラーで600円というのはどう考えても価格崩壊=広告主がいる=稼げるジャンル

ちなみに、私が今メルマガ読者さん限定で公開している、「1日わずか7PVで年間36000円の不良所得を生み出した記事」も条件1−7のほとんどを満たしています。まだあなたが見ていないのであれば、今すぐメルマガ登録をしてチェックしてみましょう!

1日7PVで年間36000円の不労所得を生みだす記事を、特別にあなたへ無料で公開します!

    「アクセスが少なくても、深い悩みであれば成約を取れる!」特化ブログやサイトアフィリエイトをかじったことがあれば、あなたも一度は聞いたことがあると思います。
  • 「じゃあ深い悩みって何?」
  • 「具体的にどういう人のことをいうの?」
  • 「深い悩みと思われるものも案外ライバル多いんですけど・・・・・」
  • 「1000PV集めても1件も成約取れないんで、成約するなんて無理じゃないですか?」
私の昔もこのように悩んでいました。どんなに考えても答えが出てこないので、「アクセスが少なくても深い悩みなら成約を取れる」と主張する情報発信者に質問しました。しかし帰ってきた答えは「具体例は教えられないので、自分で頑張ってください」というものばかり。

今思い起こせば、その返答は当たり前でした。なぜならそのような情報発信者は「稼いでいることを装って本当は全く稼げておらず、情弱狩りでなんとか生き延びている情報詐欺師」だったからです。

しかたないので自分なりに模索、とにかく記事を書いて書いて書きまくって・・・・・・そんな取り組みをしていたある日、ASPの管理画面を見たらアクセスがごくわずかなのに成約が出ている記事があったんです!

この日をきっかけに、少ないアクセスで大きな報酬額を得ることに成功し始めました。その中でも私の集大成と言えるのが「1日わずか7PVで年間36000円の不労所得を発生させた記事」です。

  本当は企業秘密にしておこうかと思いました。しかし、「過去の私のように情報詐欺師の釣り文句に振り回されている方を救いたい!」

そう思ったので、私のメルマガに登録してくださった方限定で、「どのような思考があれば、少ないPVでも報酬を得ることができるのか?」実際の記事を用いて解説した無料レポートをプレゼントします。

このレポートは2017年9月30日以降、0円→9800円へ値上げします。無料のうちに今すぐ手にしてください!  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です