こんにちは、はるきです。

今日はアフィリエイトの外注で時たま話題になる「Shinobiライティング」についてお話したいと思います。

ちなみにShinobiライティングで文字を打ってお金を稼ぐ側ではなく、Shinobiライティングにお金を払って記事を依頼する側の視点から語っています。

そしてあくまで個人的な意見ですが・・・・・私は二度とShinobiライティングを利用しません!!

ブラックSEOをやっている方なら、十分でしょう。しかし、ホワイトハット・コンテンツSEOをやっているなら絶対に使ってはいけません。

 

Shinobiライティングが実際に書いた記事を公開!といきたいのですが・・・・・

Shinobiライティングの規約の禁止事項にこうありました。

  • 本サービスのURLや本サービス内のコンテンツ、プログラム、ソース等を、当社に無断で複製、公衆送信等して使用すること
  • 本サービス自体の技術研究を目的として申込みおよび利用すること
  • 本サービスの信頼を失墜させる内容を掲載する行為を行うこと
  • 本サービスの管理・運営を妨げる目的で利用すること

https://id.biz-samurai.com/i/agreement

 

別に信頼を失墜させたい訳でも、運営を妨げたい訳でもなく「ブラックSEOなら使ってもいいけど、ホワイトSEOなら使わない方がいいよ!」ということを私は言いたいだけです。

ただし、記事そのものを掲載することはどうやらここではNGなので、どういう依頼をしてどういうものが出来上がったのかを紹介したいとお思います。

 

 

Shinobiライティングの依頼時にできること

Shinobiライティングに記事を依頼するときは以下のことを指定できます。

  • タイトル
  • 含有キーワード(10個まで)
  • 文字数
  • 口調
  • ジャンル
  • 見出し(2017年開始)

今は見出しの指定ができるようになりましたが、私が依頼した2016年12月はできませんでした。

 

Shinobiライティングへ依頼した内容と出来上がった記事構成をざっくり紹介

私がShinobiライティングへ依頼した実例をご紹介します。

  • 文字数:2000文字(1200円)
  • 口調:ですます
  • ジャンル:金融
  • 内容:説明文
  • 記事タイトル:楽天カードの申し込みの流れを徹底解説
  • 指定キーワード:楽天カード,申し込み,流れ,審査,本人確認,電話、キャンペーン,ポイント,カード受け取り,ポイント受け取り

 

これらのことを指定して出来上がった記事構成はこちらです。

  1. 楽天カードは楽天カード株式会社という大企業が発行する信頼度の高いカードで還元率は1%の云々カンヌン(400文字以上)(この時点でもうブチギレ)
  2. 楽天カードの申し込みには18歳以上が条件であり、未成年の場合はうんぬんかんぬん
  3. クレジットカードの発行には審査が法律で義務付けられており、うんぬんかんぬん
  4. 具体的な流れをいうと、楽天市場に会員登録をし、それからページから申し込みます。審査では今までの事故歴等調べられますのでうんぬんカンヌン
  5. 審査が終わって1週間ほどでカードが届きます。必ず受け取れるようにしておきましょう。
  6. このように様々なポイントがあるので気をつけましょう

はい、私は二度と使いません。つーかなんで申し込みの流れの話をしてるのに、冒頭で発行会社の話題になるんでしょうか?将棋のルール教えてって言ってるのに、将棋の発祥の歴史を語り出されたようなもんですよ。頭おかしいだろこのライター。

 

ってことで、Shinobiライティングは、所詮アフィリエイトで稼ぐ能力がないからライターをやっている、しょーもない連中しか集まっていないことがわかりました。

上記は一例ですが、他にも「楽天カードを使ってポイントを貯めて買い物をした経験談」を依頼しても大抵先ほどのような意味不明な話の構成になります。また、語尾を【〜です。】→【となっているのです。】というようにして文字数稼ぎしてこられたりと・・・・・。

まったく・・・・・Shinobiライティングのライターも、ブログの記事の書き方の解説でも読んでしっかりと勉強してほしいものですな。

ブログの記事が書けない?ならばQUESTフォーミュラを適用せよ!【アフィリエイトお悩みあるある】

2017.08.03

 

結論:ブラックSEOで支離滅裂な文章でも上位表示して稼げれば良いのならShinobiライティングはおすすめ

実はShinobiライティングに2000文字x30記事依頼したのですが、修正1時間以内で利用できるものは1つもありませんでした。

受注者からすると、読者さんのためではなく、自分がお金をもらうために文字を羅列しているだけなので仕方がありません。

自分でしっかりとリサーチをした記事、自分が真心込めて書いた記事であれば、1日10PVでも10000円の案件が月に1つ成約とれるんですが、Shinobiライティングに頼んだ記事でそれは見込めませんね〜

しかし、ブラックSEOでペナルティ覚悟の方には、サクッと2000文字を羅列したコンテンツが手に入るのでShinobiライティングはおすすめです。

1日7PVで年間36000円の不労所得を生みだす記事を、特別にあなたへ無料で公開します!

    「アクセスが少なくても、深い悩みであれば成約を取れる!」特化ブログやサイトアフィリエイトをかじったことがあれば、あなたも一度は聞いたことがあると思います。
  • 「じゃあ深い悩みって何?」
  • 「具体的にどういう人のことをいうの?」
  • 「深い悩みと思われるものも案外ライバル多いんですけど・・・・・」
  • 「1000PV集めても1件も成約取れないんで、成約するなんて無理じゃないですか?」
私の昔もこのように悩んでいました。どんなに考えても答えが出てこないので、「アクセスが少なくても深い悩みなら成約を取れる」と主張する情報発信者に質問しました。しかし帰ってきた答えは「具体例は教えられないので、自分で頑張ってください」というものばかり。

今思い起こせば、その返答は当たり前でした。なぜならそのような情報発信者は「稼いでいることを装って本当は全く稼げておらず、情弱狩りでなんとか生き延びている情報詐欺師」だったからです。

しかたないので自分なりに模索、とにかく記事を書いて書いて書きまくって・・・・・・そんな取り組みをしていたある日、ASPの管理画面を見たらアクセスがごくわずかなのに成約が出ている記事があったんです!

この日をきっかけに、少ないアクセスで大きな報酬額を得ることに成功し始めました。その中でも私の集大成と言えるのが「1日わずか7PVで年間36000円の不労所得を発生させた記事」です。

  本当は企業秘密にしておこうかと思いました。しかし、「過去の私のように情報詐欺師の釣り文句に振り回されている方を救いたい!」

そう思ったので、私のメルマガに登録してくださった方限定で、「どのような思考があれば、少ないPVでも報酬を得ることができるのか?」実際の記事を用いて解説した無料レポートをプレゼントします。

このレポートは2017年9月30日以降、0円→9800円へ値上げします。無料のうちに今すぐ手にしてください!  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です