マインドの低い先輩の話は無視しよう

これは、私が退職する前の話です。

OJT指導員だった人が、送迎会ということで、

昔同じ係だった方と最後に飲む機会がありました。

 

まあ、私のマインドが汚染されるのが嫌だったので、

なるべくなら行きたくなかったのですが、

若かりしクソッタレマインドだった

当時の私がお世話になったのは事実ですし、

常識的な礼儀としてお世話になったお礼を言いに行くことにしました。

 

色々質問攻めにあい、

面倒くさいな〜

想定質問でも考えときゃよかったなとか思いながらも、

なるべく起業するというのをはぐらかしたのですが、

残念ながら起業するという噂が伝わってしまっていたので、

仕方なくIT系で起業するとだけ言っておきました。

 

 

稼げるようになると職場の先輩などアテにならない

 

まあ、そうすると、

余計な常識にとらわれた意見の出てくること、出てくること

私が何をするか、

というより「何をしてきたか」

実績を知らないので仕方ないのかもしれませんが、

私は無計画の中、これからラーメン屋を開いて起業するんだったか〜

と自分がこれから何をするのかわからなくなるくらい

一般的で、あてはめたところで1円も稼げないアドバイスを

ありがたく頂きました。

 

アフィリエイトを始めたばかりの私だったら

「こんなクソな話を聞くだけなんで時間の無駄だ!」

「ほんと帰りたいな〜」

と思ったのでしょうが、

 

最近、大富豪の仕事術という本を読み、

その状態を嘆くのではなく、そこから何を得られるか?ということに終始注意していました。

 

それで、結局私ができることといえば、

あなたがもしアフィリエイトで起業したいと考えていて、

既に月5万3千以上稼いでいる場合、

職場の年上の先輩のありがたい庶民的なお言葉など

頭の片隅にもいれてはいけないということをあなたに伝えることです。

 

 

職場の先輩は1円もアフィリエイトで稼げてない

 

そもそもこれだけアフィリエイト・ブログ飯・フリーランスという言葉が一般的になった今でも、

公務員の40代以上の人たちなんて、

グーグルアドセンスというものがあり、

広告がクリックされれば報酬が発生するということすら知らないわけです。

ましてや稼ぐ方法を教えて稼ぐなんて、

一般人からすれば未知の領域です。

 

そんな何一つ話もわからない素人の職場の先輩から、

「これから起業するならああした方がいいよ、こうした方がいいよ」と言われたところで

「この人は人生の先輩を気取って何を言っているんだ?」

と呆れかえってしまうわけです。

私はどんなに少なくとも、その先輩の給料の倍は稼いでいて、

実績もあるわけなので、そんな人の話なんて役に立ちません。

40代で月収30万台、もしくはそれにとどかない凡人の諸先輩のいうことを聞いていたら

確実にあなたの月収は下がります!

気をつけてください。

 

もしあなたがこれから起業したいと考えていて、

本来ならば実力があるにもかからず、

「そんな世の中何があるかわからないよ。

公務員でのらりくらりやってた方がいいよ。」

というアドバイスを間に受けてしまっては大変なので

本来ならば実力がある、あなたの気力をそがないためにも

私はあなたへこのメッセージを送りました。

 

公務員が嫌で嫌で嫌で仕方ないなら

やめたっていいんです。

公務員が終身雇用制度の頂点みたいな雰囲気はありますが、

そんなことはありません。

あんなところ(国家1種を除く)はただの底辺です。

 

あなたの人生の貴重な時間をこれ以上奪われないように

何があなたの優先事項なのか考えてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です