三日で合格!誰も書けなかった公務員試験マル秘裏ワザ大全は詐欺?

本当にこの本を読んで公務員試験に受かるんだろうか?

この本に1200円も出す価値はあるんだろうか?

とあなたは悩んでいることでしょう。

 

 

本屋さんに行くと、公務員試験対策のコーナーには必ずこの本があります。

私が通っていた大学の生協ですら置いてありました。

 

さて、私はこの本を持っていました。

何せ、本当は働きたくないのに、

働くために好きでもない勉強しなきゃいけないなんて心外です。

なんでやりたくないことのためにさらなる努力をしなければいけないのかが謎でした。

 

ということで、なるべく勉強しないで公務員試験を受かるにはどうすればいいか?

ということを考えていたところ、この本が目に留まったので購入してみました。

 

 

裏技本で某政令市を受けた結果・・・・・

 

合格してしまいました(笑)

ちなみに、一般教養の正答率は5割、専門試験は3割でした(笑)

よく受かったなこの試験成績で・・・・・・

と思うのですが、僕よりもっと下の人も採用されてますんで、

以前書いた土木受かりやすい説でも書いた通り、そんなもんなんでしょう。

 

ちなみに、過去問で英語の試験は裏技を使って7割正解していました。

逆に土木の専門試験では、裏技が全く適用できないような試験が多く大変でした。

一般教養だけなら、この裏技本を使えば、

答えがわからない問題でもあなたの助けになることでしょう。

 

 

最強なのは過去問に限る!!

 

ちなみに、土木職で成績が1位の同期に、どうやって勉強したのか聞いたところ

過去問をひたすら解いて勉強したそうです。

それで7割ほど解けたということでした。

 

過去何年分もその自治体の試験を解いてみると

なんとなく問題が似たり寄ったりで、傾向が見えてくるようです。

 

その過去問をどうやって入手するかというと、

大学の公務員講座か公務員予備校に入るしかありません。

僕の大学は公務員講座はありましたが、

基本的に事務職向けだったので土木の専門はありませんでしたし、

過去問のデータもありませんでした。

 

それを考えるとやはり、

公務員予備校が最強ですね。

公務員予備校はTACやAVIVA、大原などが有名ですね。

どこでも膨大な実績と試験データを持っているので

昔の過去問も手に入ることでしょう。

 

インターネットで検索しまくるとだんだん疲れてくるので、

まずは資料請求をしてパンフレットを見比べながら、

自分に合うところを探してみましょう。

 

2 件のコメント

    • 自治体によっては合格通知と共に、
      自分の得点・正答率もわかります。
      私が受けたうちの1つはそうでした。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です