こんにちは!自分の会社の一期目をギリギリ黒字で着地させたはるきです。

ビジネスを進める上で、法人カード(ビジネスカード)は必須ですよね?現金払いよりも支払いを送らせて、キャッシュフローを改善し、黒字倒産を防止したり、煩雑な経費処理をCSV出力でワンタッチで簡略化することができます。

そんな中、2018年4月27日、ライフカードから新しい法人カード「ライフカードビジネスライト」が登場したので、スタンダードとゴールドの違いを含め、詳しく紹介します。

3行でわかるライフカードビジネスライトの特徴

  • 年会費無料(スタンダードのみ。ゴールドは1万円(初年度無料))
  • 最短4営業日発行
  • 書類審査は代表者の本人確認のみ

ライフカードビジネスライトのスペック(スタンダードとゴールドの比較)

スタンダード ゴールド
券面
年会費 永年無料  10,000円
(初年度無料)
ブランド Mastecad、VISA、JCB
対象者 法人代表者、個人事業主
ショッピング枠 10〜200万円
従業員カード 最大3枚まで(年会費無料)
ETCカード 1枚まで(年会費無料)
本人確認書類
(必要書類)
法人代表者事業主の本人確認書類
支払い方法 1回、2回、3〜20回、ボーナス一括、リボ
ポイント還元率 なし 最大0.5%
ラウンジ利用 なし 国内空港のラウンジ
国内旅行保険 なし 最高1億円(自動付帯)
海外旅行保険 なし 最高1億円(自動付帯)

 

ライフカードビジネスライトは、法人代表者・個人事業主向けの法人カード

ライフカードビジネスライトは、法人代表者・個人事業主向けの法人カード(ビジネスカード)です。個人向けのカードと決済を別にすることにより、経理の仕分けが簡単に行えるようになります。

もし、個人用と事業決済用に同じカードを使ってしまうと、カードを利用した買い物が事業で利用するものなのか、それともプライベートの買い物なのか判断しにくくなってしまいます。

明細にズラリと101項目が並んでいて、経費と経費でないもが混同されていると、それを整理するだけでもかなりの労力がかかりますよね?経費になるものは、事業用のカードで決済すると決めてしまいましょう。このカードの明細は全部経費だと簡単にわかるので、その分経理事務の手間を削減できます。

 

券種はスタンダードとゴールドの2種類

スタンダード ゴールド

ライフカードビジネスライトには年会費無料の「スタンダード」と、年会費1万円の「ゴールド」の2種類があります。

年会費無料のスタンダードにはなく、年会費1万円のゴールドにはある機能として、ポイント還元(最大0.5%還元)、空港ラウンジの利用、国内・海外旅行保険の自動付帯があります。

とはいえ、ゴールドは年会費1万円かかる割には、ポイント還元率もサービスの内容も優れているとはいえません。(もっと還元率やサービスも優れている有料の法人ゴールドカードがあります)

ライフカードビジネスライトでオススメできるのは、年会費無料のスタンダードの方です。

 

ブランドはmastercard、VISA、JCBの3種類

ブランドはmastercard、VISA、JCBの3つから選ぶことができます。迷ったらmastercardかVISAを選んでおくことをオススメします。

というのも、ここ最近JCBが店舗側が支払う手数料を高くしたために、街中ではVISAかmastercardしか使えないお店がチラホラ出てきています。私も近所の焼肉屋さんで、JCBが使えなくて、仕方なくmastercardで支払いました。とあるマイナーなWebサービスも、VISAとmastercardのみが利用できました。普段利用しているカードが使えないと、面倒なことがこれから出てきます。

特別な事情がなければmastercardかVISAにしておくのがオススメですよ。

 

従業員カードを3枚まで年会費無料でもてる

社長(または事業主)のあなただけではなく、社員(従業員)にもカードを持たせたい場合は3枚まで無料で従業員カードを発行できます。年会費無料のスタンダードでも、年会費1万円のゴールドでも、追加カードの年会費は無料です。

出張旅費の立替払いとか、経費計算が面倒ですよね?従業員カードを持たせれば、建て替えを清算する必要がなくなります。従業員にカードで支払ってもらって、その交通費を実費で支払えば良いんです。

 

ETCカードも年会費無料で発行可能!

ライフカードビジネスライトは、年会費無料でETCカードを発行できます。ETCを利用した時はライフカードビジネスライトに請求がされます。

ただし、ETCカードを発行できる枚数は1枚までです。もし、ETCカードを複数枚発行したい場合は、別の法人カードを検討しましょう。(オリコビジネスカードGoldは20枚まで発行できます)

社長(事業主)であるあなただけがETCカードを利用するのであれば問題ありませんね。

 

申し込みに必要なものは代表者の確認資料のみ!WEBだけで審査が完結し、最短4営業日で発行される。

たいていの法人カード(ビジネスカード)の申し込みには、法人代表者の確認資料(運転免許証)はもちろんのこと、会社の登記簿だったり、個人の場合は所得証明書が必要なことがあります。

また、ネットで申し込みをしても、郵送で封筒や書類が送られてきて、必要な資料を添付、記入して返送する必要があるものがほとんどです。(会社の登記簿が必要なカードは、わざわざ法務局に取りに行く必要があって面倒くさいです(笑))

しかし、ライフカードビジネスライトの申し込みには、法人代表者の確認資料をWebでアップロードするだけでOKです。申し込みは全てWebで完結するので審査スピードが早く、最短4営業日でカードが発行されます。

他のカードは、書類を郵送する関係で、審査完了・発行までにとても時間がかかります。今すぐ法人カードを手に入れたいという方には、ライフカードビジネスライトがもってこいです。

ちなみに「会社設立・開業後すぐで申し込みOK」、「フリーランス・副業の方にもおすすめ」と公式ホームページでも書かれていることから、「審査は厳しくしないから、是非とも発行してほしい」という姿勢がライフカードから見て取れます。

法人カードって審査が厳しくて持てないんでしょ?というのは過去の話になっています。迷っているなら今すぐ申し込んでみましょう!

ライフカードビジネスライトを年会費低めの人気法人カードと比較

ライフカード
ビジネスライト
(スタンダード)
ビジネクスト 三井住友VISA
for Owners
EX Gold
for Biz
ブランド Mastecad
VISA
JCB
VISA VISA Mastecad
VISA
年会費 永年無料 永年無料 1250円
(初年度無料)
2000円
(初年度無料)
発行期間 最短4営業日 1〜3ヶ月ほど 1ヶ月ほど 1ヶ月ほど
必要書類 代表者本人確認 代表者本人確認 代表者本人確認 代表者本人確認
登記簿(法人)
所得証明書(個人)
申し込み Webで完結 Web申し込み後
書類郵送
Web申し込み後
書類郵送
Web申し込み後
書類郵送
還元率 なし 0.25% 0.5% 0.6〜1.1%

ライフカードビジネスライト(スタンダード)は、年会費が永年無料で、Webで申し込みが完結する唯一の法人カードです。(2018年4月27日現在)

年会費無料のスタンダードの場合、ポイントは貯まりませんが、最短4日で発行できます。ビジネスを円滑に進める上で、とりあえず法人カードを手にしておきたいというあなたにぴったりのカードですね。

利用しなければ費用は一切かからないので、特にデメリットはないかと思われます。できる限りの支払いをライフカードビジネスライトにして、あなたのビジネスのキャッシュフローを改善し、黒字倒産を防ぎましょう!そして、経理の事務にかかる時間を削減するためにも今すぐ申し込みましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です