公務員を辞めたらすることって何?

なかなかネットを探しても、

公務員を辞めて、ネットビジネス(FX、アフィリエイト)で

生活するにはどういう手続を踏めば良いか?

ということが載っていないところが多いので、

今回自分の備忘録ながら載せておきます。

 

あなたが

「公務員を辞めたい、辞めたい、辞めたい!」

「あんなバカしかいない職場絶対にやめてやる!!」

「なんでこの私が毎日お茶飲みながら新聞読んでるだけの上司・先輩のためにあくせく働かなきゃいけないんだ!!」

と思っているならば、

その公務員を辞めるという夢をより現実に近づけるために、

あなたが近い未来にすべきステップをご紹介します。

 

 

公務員を辞めたら離職票はあるのか?

 

まず、ネットで「仕事 辞める」とかで検索するとよく出てくる離職票ですが、

公務員にそんなものはありません。

 

離職票は失業保険を受け取るために必要な書類(らしい)ので、

公務員には一切関係ありません。

一応、貰おうと思えば、離職票に近い書類をもらえるところはあるらしいので

辞めるときに人事のところに聞いてみましょう。

 

 

年金・保険を切り替える

 

私の場合は、公務員を辞めてどこかの会社に転職するのではなく

自分でインターネットビジネスし、起業しようと思いました。

 

ひとまずは個人事業主=自営業で起業し、

軌道に乗ったら法人化する予定です。

 

個人事業主で起業するには、

税務署に開業届をペロっと出すだけで良いので特に問題ありません。

それ以外に問題なのは健康保険・税金・年金問題です。

 

 

保険をなるべく安く抑えたい

 

保険料に関しては、住んでいる自治体ごとに違いますが、

とりあえず、国民健康保険と今の公務員の保険を2年継続するのと

どちらが安いのかを試算してもらいましょう。

 

これは国民健康保険を取り扱っている課に行って

「仕事を退職する予定なのですが、

継続と国民健康保険どちらが安いか試算してください」

といえば、ちゃっちゃっと算出してくれます。

 

それで、私は国保に切り替えた方が安かったです。

なので、退職した翌日にもう一度同じところに行き、

切り替えをお願いしたら、30分ぐらいで国保の保険証が発行されました。

急に薄っぺらい保険証になったので

ここはすごく格下げをもらった気分です(笑)

まあ、仕方ないですね。

 

 

年金も国民年金に切り替える!

 

国保に切り替えたら、年金も国民年金に切り替える必要があります。

国民年金は正直払いたくないので、

納付書が届き次第、無職(起業準備中)を言い訳に免除申請をします。

あとは勝手に審査してくれるので待ちましょう。

 

 

住民税も納付書を待つ

 

今までは給与天引きされていた住民税ですが、

これからは自分が払う必要があります。

こればっかりは免除申請とかしようがありませんので、

今年から徹底的に節税しようと思います。

 

自分の税金が50代の何もできない公務員に使われていると思うだけで

今すぐMacbookをかち割ってやりたくなるくらい腹が立ちます。

ましてや、新型うつ病で休んで給料もらっている人なんて最悪です。

あんな人はとっととクビにすべきです。

 

私も公務員が嫌で嫌で仕方なかった身ですが、

新型うつ病で休んでお金をもらっている人と違うのは、

どうすれば仕事を辞めても自分の銀行口座にお金が振り込まれるのかをしっかり考え、

それを実行し、辞めたと言う点です。

 

何も努力せずに、

「自分はやりたくないことをやっている私可哀想」

なんて悲劇のヒロインを気取っている人たちとは違います。

 

やりたくないことをしたくないなら、

どうすればそれをしなくて済むのか考えろよ!

と思うのですが、

私は断じて間違っていないと思います。

 

ということで、

私は悲劇のヒロインを気取っている若者を助ける気はありませんし、

今まで適当に過ごしてきて、今頃給料が少ない何て嘆いている40代以上の公務員の95%は大っ嫌いです。

 

それよりも、苦しんで、苦しんで、

それでも努力した人とだけ私は仲良くしたいです。

もし、あなたが仕事を辞めたくて、辞めたくて、

毎日頑張ってアフィリエイトの作業をしているけれども、

なかなかうまくいかない・・・・・・

それだったら、私はあなたを助けたいです。

1日7PVで年間36000円の不労所得を生みだす記事を、特別にあなたへ無料で公開します!

    「アクセスが少なくても、深い悩みであれば成約を取れる!」特化ブログやサイトアフィリエイトをかじったことがあれば、あなたも一度は聞いたことがあると思います。
  • 「じゃあ深い悩みって何?」
  • 「具体的にどういう人のことをいうの?」
  • 「深い悩みと思われるものも案外ライバル多いんですけど・・・・・」
  • 「1000PV集めても1件も成約取れないんで、成約するなんて無理じゃないですか?」
私の昔もこのように悩んでいました。どんなに考えても答えが出てこないので、「アクセスが少なくても深い悩みなら成約を取れる」と主張する情報発信者に質問しました。しかし帰ってきた答えは「具体例は教えられないので、自分で頑張ってください」というものばかり。

今思い起こせば、その返答は当たり前でした。なぜならそのような情報発信者は「稼いでいることを装って本当は全く稼げておらず、情弱狩りでなんとか生き延びている情報詐欺師」だったからです。

しかたないので自分なりに模索、とにかく記事を書いて書いて書きまくって・・・・・・そんな取り組みをしていたある日、ASPの管理画面を見たらアクセスがごくわずかなのに成約が出ている記事があったんです!

この日をきっかけに、少ないアクセスで大きな報酬額を得ることに成功し始めました。その中でも私の集大成と言えるのが「1日わずか7PVで年間36000円の不労所得を発生させた記事」です。

  本当は企業秘密にしておこうかと思いました。しかし、「過去の私のように情報詐欺師の釣り文句に振り回されている方を救いたい!」

そう思ったので、私のメルマガに登録してくださった方限定で、「どのような思考があれば、少ないPVでも報酬を得ることができるのか?」実際の記事を用いて解説した無料レポートをプレゼントします。

このレポートは2017年9月30日以降、0円→9800円へ値上げします。無料のうちに今すぐ手にしてください!  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です