公務員を辞める前にすべきな4つのコトとは?

アフィリエイトで起業独立する上で、

公務員を辞める前にやるべきことを書いておきます。

 

感謝したい上司・先輩リストと、どうでもいい上司・先輩リストを作る。

 

 

これ、意外と大事です。

どんなに公務員という仕事が嫌で嫌で仕方なくても、

職場の上司・先輩の思想がクソだなと思っていても、

我が強くてわがままな人だけが得をする世界だったとしても、

一人のビジネスマンとして尊敬する人、そして本当にお世話になった人の

一人や二人ぐらいはいることでしょう。

 

私も、新人時代はとんでもない先輩に2年間育てられ、

クソッタレマインドが身についてしまったところ、

3年目に突如彗星の如く現れた先輩にマインドを鍛え直してもらいました。

 

その先輩のおかげで、

仕事を早く終えられるようになり、

早く家に帰ることができ、

残業代がなくなり、

家計が苦しくなり、

せどりを始め、

インフォトップを教えてくれたイケメンのお兄さんと出会い、

アフィリエイトに転向し、

一生懸命続けた結果、

公務員という、とっても、とっても、とっても自分に合っていない仕事を辞めることができました。

 

この先輩本人にはこの自覚はないと思いますが、

僕はこの人には感謝しても仕切れないほどお世話になったと思っています。

こういう素晴らしいマインドを持った人は、

公務員を辞めた後でも連絡を取ってお互いにWin-Winの関係を築くようにしていきましょう。

 

逆にどうでも良い先輩リストの人とは極力連絡を取らないようにすべきです。

まあ、多少はお世話になったのかもしれませんが、

あなたがマインドが腐った人と一緒に過ごすことによって、

あなたのマインドも腐ってしまいます。

 

マインドの腐った人の話を聞いて

「こうじゃないんだけどな〜」と心では思っていても、

頭の片隅に潜在意識として、どうしてもその話が残ってしまいます。

ですので、一緒にいてあなたの収入を上げてくれことのない

一緒に過ごす価値のない元上司・元先輩とは

極力連絡を取らないようにしましょう。

 

 

カードローンを作っておく

メルマガアフィリエイトをやっているのでない限り、

アドセンスで収益を立てるトレンドブログでも、

独自ASP+アドセンスで収益を立てる特化ブログでも、

サテライトサイトからメインサイトまでツリーを構築するサイトアフィリエイトでも

Googleという検索エンジンに依存している限り、

いつ、どこで、サイトが飛ばされ、稼ぎがなくなってしまうか分かりません。

 

こう言っている私も、

いつか、Googleにサイトが飛ばされてしまう可能性があります。

しかし、サイトが飛ばされたからといって、

アフィリエイトをやめて会社員に戻るなんて、そんなのはもったいないですよね?

 

一度稼いだことがあるなら、

1ヶ月で月10万、3ヶ月で月30万ぐらい稼ぐサイトなら

すぐに作ることができると思います。

 

ある程度稼いでいるなら、

サイトが飛ばされても数ヶ月が生活できるはずですが、

月30万ほど稼げてすぐ仕事を辞めた場合、

元手が0ということもあるでしょう。

 

実は私も慎重派なので、

公務員を辞めると決意した時は

アフィリエイトで確定報酬が80万ほどになってからです。

(発生ではそれより数ヶ月前から50〜100万になっていました)

 

それでも、いつ何時サイトが飛ばされるかわからないという心配があり、

なおかつ、飛ばされたとしても、3ヶ月あれば立て直せる自信もありました。

だからこそ、何かあった時はお金を借りてでも、

体制を立て直すべきだと私は考えています。

 

しかし、お金を借りるにも、

中でも手軽にお金を借りられるカードローンを作るのにも、

アフィリエイター(フリーランス)というのは社会的信用がゼロです。

 

それに対し、公務員というのは、

公務員なだけで社会的信用が余るほどあります。

公務員という立場なだけで、カードローンの審査もサクッと通ります。

 

ですので、保険という意味でも

カードローンは作っておきましょう。

 

 

クレジットカードを作る

 

これも先ほどのカードローンと一緒です。

公務員はものすごく信用が高いので

クレジットカードもルンルンと作れます。

私は公務員になって2年目で限度額100万円の楽天カードを作ることができました。

 

それに加えて、私はゴールドカードを1枚作りました。

公務員を辞めたらきっとゴールドカードは当分作れないので(笑)

まあ、自己満足ですが、普通のカード出すよりも、

ゴールドカード出した方がよっぽどかっこいいですよね?

 

なので私はゴールドカードを作ってから、

ほとんどそのゴールドカードをメインに使っています(笑)

そんな満足感たっぷりのゴールドカードは

簡単に審査が通る公務員のうちに作っておきましょう!

 

 

銀行口座を作る

 

銀行口座を作ること自体は

極論無職になっても難しくないですが、

先に個人で銀行口座を作っておいて、

その口座を事業用口座として利用し、

後々に法人化した時に実績として示せば、

難しいと言われている法人口座をベンチャー企業が作るのも難しくないです。

 

なお、私は新生銀行の口座を作りました。

ここなら、セブンイレブンでも、ローソンでも、ファミマでもATM手数料が無料なので

ほとんどのコンビニでサクッと下すことができます。

 

 

公務員を辞める前に引越しをする

 

もし、今住んでいるところが狭くて作業に集中できないのであれば、

引越しをして、作業に集中できるスペースを作るべきです。

 

特に、テレビがある部屋と作業をする部屋だけは、

絶対に分けておくべきです。

 

私はかつてリビングにテレビと作業用のパソコンがあったのですが、

彼女が勝手にテレビをつけて、

そのせいで気が散って作業ができないということが

時間に直すと累計531時間以上あります。

 

テレビほど時間泥棒なものはありません。

テレビがついているせいで作業に集中できず、

作業しなかったせいで当然報酬も発生せず、

報酬が発生しないせいでどんどんやる気が落ちていき、

やる気が起こらないので、「今日ぐらいいっか」とテレビを見てしまう。

という悪魔の道具です。

 

ですので、これも審査にサクッと通る公務員のうちに

テレビがある部屋と作業をする部屋が分かれた環境へ引越しをしましょう!

 

 

不動産投資をする

 

公務員を辞める前に知りたかったのがこれです。

公務員、または大手企業というのは信用が高いので、

若くても銀行がホイホイと簡単にお金を貸してくれます。

 

私の知り合いの知り合いで、

私と同い年の人(2016年27歳)で、

不動産投資をしている人がいて、

銀行から借りているお金と利子を毎月払っても

月20万円の収入があるということです。

 

利益-経費=20万円ということです。

毎月20万円入って来れば、

実家に帰ればミニマム生活ができますし、

芸能人一の投資家として有名な松居一代さんも

一番最初に始めたのは不動産ということです。

これぐらいはやっておけばよかったなー

と後悔しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です