キングコング西野の絵本無料事件から学ぶ「モノを買う価値」とは?

こんにちは!ドルヲタIT社長のはるきです。

先ほどはてなブックマークを見ていたら、キングコング西野さんの絵本が話題になっていました。

何が話題なのかというと、西野さんの著書(絵本)「えんとつ町のプペル」を無料公開したら、有料で販売している絵本がアマゾンランキングが1位になったという記事です。

何が問題なの?

ブログのタイトル「『えんとつ町のプペル』を無料公開したらAmazonランキングが1位になった。」を見た瞬間、

AmazonでKindle版を0円販売してランキング1位になったのかな?ていうかそんなことできるのかな?と思ったんですが、そんなわけもありませんでした(笑)

 

問題となっているのは、

キングコング西野という有名人が絵本を出版

→それをネット上で無料公開

→「お!これいい内容じゃん。子供に是非とも読ませたいな。」

→寝る前にiPadは良くないし、せっかくだから紙の本を買おう」

という一連の流れを掴み取り、Amazonランキング1位を取った。つまりヒットさせたということです。

そしてこのやり方がいいのか・悪いのか議論になっています。

無料で配って価値を感じた人だけ買ってくれれば良い

西野さん本人が「人は確認作業で動く」「人は知っているモノを買う」という、今回の収益化モデルについて解説しています。

そしてその後旅行の例が引き合いに出されていましたが、10万円出して旅行に行くなら、旅行会社がオススメする、超穴場的佐賀の魅力スポット厳選7選か、絶対外さない京都の鉄板名物スポットか?と聞かれたら、絶対京都ですよね?

だって、京都には嵐山や金閣寺など、見に行くだけですごいとわかっているところがあるわけですから。

で、京都がすごいという確認作業は普段からテレビやら雑誌やらネットやら散々見てきているので知っているというわけです。

で、その知っているモノを10万払って買う=旅行にいく

すごくわかりやすい流れじゃないですか?

家電一つ買うのにもそうですよ。評判や口コミを調べるのは大体ネットじゃないですか?(無料で確認する)→自分が調べてわかった(知った)・納得したと思ったらお金を出して購入する

単純なことですよね。

それを今回は絵本に当てはめただけです。

 

無料配信=クリエーター壊滅?

まあしかし、このキングコング西野さんのこの手法がいいのか、悪いのか?ということがさらに議論になっています。

「この流れを許してしまうと、良い作品を作るクリエーターにお金が回らなくなる。その結果良い作品が生まれなくなってしまう」

「すごくいい内容で感動した。本屋で買ってこよっと」

私はこの手法、理にかなっているし、この手法は正しいと思っています。

私たちだって、無料レポート作って、読者さん集めて、コンサルや自分の教材売ってるじゃないですか?それと一緒ですよ。

私の場合はレポート作るのすら面倒くさいから、師匠のけんさんの教材に特典で私のコンサルをつけて、読者さんを集めて自分のコンサル企画を突発的に販売しています。

 

これをクリエーターがやる・やらないは全く別の話。そして個人ができなくても、組織でそれをやらなければいけないということ。必ずその時代が来ます。

だってアフィリエイトだって、昔は600文字書けば稼げたのに、今は2000文字は標準じゃないですか。後1年もあれば3000文字になりますよ。後5年したら1万文字かもしれませんね。その時はブログアフィリエイトは時間がかかりすぎて初心者に向かないので、即効性のある新しくできたSNSにしましょうなんてものが出て来そうですが(笑)時代が変わっても稼ぎ続けるには、やることをやらないといけないんですよ!

さらには「中身が良いか」ってことと「売れるか」ってのは別問題。例えば、私からすればアナ雪はマジクソだった。アナが余計なことしなければすんだ話じゃないですか?あの話が感動超大作と言われている意味がわかりません。同時期のベイマックスの方がよっぽど泣いたわ。

だけど、世間はアナ雪を選びました。バンバンCMやって、あの歌をお茶の間に浸透させ。幼稚園でも歌わせ・・・・・。あれはマスゴミによる洗脳だったなと今でも思います。

 

今回の一件から学べることとは?

さて、我々起業家は一般大衆と同じようにギャーギャー言っている暇はありません。むしろ西野さんの手法からマネタイズの仕方を学ぶべきです。

例えば私もようやく作成した無料レポート。

これを紙で印刷して郵送するのにお金を取ることもできるかもしれません。無料レポートの内容をさらにわかりやすく解説してあげた動画を販売することもできますよね?当然、無料レポートのパワーアップバージョンを販売することもできますし、無料レポートは教科書でその内容を詳しく教えるコンサルを販売することだってできます。

だって無料レポートの内容を読んでもらえれば「確認」は読者さんは既にしてくれています。だったらあとはその知っている内容を「買う」それだけですよね?

私もさらにコンテンツ販売を強化していこうと思います。西野さん、大事なことを思い出させてくれてありがとう。

参考リンク:キングコング西野オフィシャルダイアリー

1日7PVで年間36000円の不労所得を生みだす記事を、特別にあなたへ無料で公開します!

    「アクセスが少なくても、深い悩みであれば成約を取れる!」特化ブログやサイトアフィリエイトをかじったことがあれば、あなたも一度は聞いたことがあると思います。
  • 「じゃあ深い悩みって何?」
  • 「具体的にどういう人のことをいうの?」
  • 「深い悩みと思われるものも案外ライバル多いんですけど・・・・・」
  • 「1000PV集めても1件も成約取れないんで、成約するなんて無理じゃないですか?」
私の昔もこのように悩んでいました。どんなに考えても答えが出てこないので、「アクセスが少なくても深い悩みなら成約を取れる」と主張する情報発信者に質問しました。しかし帰ってきた答えは「具体例は教えられないので、自分で頑張ってください」というものばかり。

今思い起こせば、その返答は当たり前でした。なぜならそのような情報発信者は「稼いでいることを装って本当は全く稼げておらず、情弱狩りでなんとか生き延びている情報詐欺師」だったからです。

しかたないので自分なりに模索、とにかく記事を書いて書いて書きまくって・・・・・・そんな取り組みをしていたある日、ASPの管理画面を見たらアクセスがごくわずかなのに成約が出ている記事があったんです!

この日をきっかけに、少ないアクセスで大きな報酬額を得ることに成功し始めました。その中でも私の集大成と言えるのが「1日わずか7PVで年間36000円の不労所得を発生させた記事」です。

  本当は企業秘密にしておこうかと思いました。しかし、「過去の私のように情報詐欺師の釣り文句に振り回されている方を救いたい!」

そう思ったので、私のメルマガに登録してくださった方限定で、「どのような思考があれば、少ないPVでも報酬を得ることができるのか?」実際の記事を用いて解説した無料レポートをプレゼントします。

このレポートは2017年9月30日以降、0円→9800円へ値上げします。無料のうちに今すぐ手にしてください!  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です