一人に向けて書くと、他の人も反応することを証明する

「一人に向かって書きましょう」

アフィリエイトの世界ではよく言われることですよね?

 

「誰か」ではなく、特定の人一人に向かって書きましょう。

自分が販売している商品を今すぐ欲しがっている

「見込みの理想客」なんているわけではないですから、

あなたの大事な人、家族、恋人、自分自身など、

特定のある人物に向かって記事を書きましょう。

そうでないと、読者さんに読んでもらえる記事は書けません。

 

確かに、これはアフィリエイトどころか、

誰かに何かの商品を売るということにおいて

非常に重要なことです。

 

 

つい、みんなに気に入ってもらおうとしてしまう

 

しかし、いざ自分で記事を書こうと思うと、

当たり障りのない、万人受けするような記事を書いてしまいがちになりませんか?

 

気持ちはよくわかります。

「こんなことを書いたら、自分の書いた記事を読んでくれないんじゃないか?」

「あのことを好きな人もいれば、このことを好きな人もいるから、どれも全部含めなくちゃ・・・・・」

私も、そう思っていた時代がありました。

 

しかし、実際には万人ウケする当たり障りのない記事を書いたところで、

なーにも面白くない平凡で、

誰の心にも響かない文章になってしまいます

つまり100人中100人が見聞きもしない文章ということになります。

 

 

100人中一人も記憶に残らない文章と100人中確実に一人だけ喜んでくれる文章どちらが良いですか?

 

それだったら、特定の人物、

例えばあなたのお父さんだったり、

もしくはあなた自身が心に響くようなことが書いてあれば

100人中一人は必ず興味を持ってくれるということになります。

 

例えば、あなたのお父さんに向けて記事を書いたとしますよね?

適当にそこらへんを歩いている人を100人集めて、

あなたが書いた記事を読んでもらった時に、

感動してくれるのはあなたのお父さんたった一人かもしれません。

 

しかし、その母数が1000人、1万人、10万人、100万人・・・・・・と増えていけば、

自分の境遇とあなたのお父さんの境遇が似ている人が、

その記事を読んで涙を流してくれるでしょう。

 

記事を書くときは、

誰か一人特定の人物に向かって書くように心がけましょう。

1日7PVで年間36000円の不労所得を生みだす記事を、特別にあなたへ無料で公開します!

    「アクセスが少なくても、深い悩みであれば成約を取れる!」特化ブログやサイトアフィリエイトをかじったことがあれば、あなたも一度は聞いたことがあると思います。
  • 「じゃあ深い悩みって何?」
  • 「具体的にどういう人のことをいうの?」
  • 「深い悩みと思われるものも案外ライバル多いんですけど・・・・・」
  • 「1000PV集めても1件も成約取れないんで、成約するなんて無理じゃないですか?」
私の昔もこのように悩んでいました。どんなに考えても答えが出てこないので、「アクセスが少なくても深い悩みなら成約を取れる」と主張する情報発信者に質問しました。しかし帰ってきた答えは「具体例は教えられないので、自分で頑張ってください」というものばかり。

今思い起こせば、その返答は当たり前でした。なぜならそのような情報発信者は「稼いでいることを装って本当は全く稼げておらず、情弱狩りでなんとか生き延びている情報詐欺師」だったからです。

しかたないので自分なりに模索、とにかく記事を書いて書いて書きまくって・・・・・・そんな取り組みをしていたある日、ASPの管理画面を見たらアクセスがごくわずかなのに成約が出ている記事があったんです!

この日をきっかけに、少ないアクセスで大きな報酬額を得ることに成功し始めました。その中でも私の集大成と言えるのが「1日わずか7PVで年間36000円の不労所得を発生させた記事」です。

  本当は企業秘密にしておこうかと思いました。しかし、「過去の私のように情報詐欺師の釣り文句に振り回されている方を救いたい!」

そう思ったので、私のメルマガに登録してくださった方限定で、「どのような思考があれば、少ないPVでも報酬を得ることができるのか?」実際の記事を用いて解説した無料レポートをプレゼントします。

このレポートは2017年9月30日以降、0円→9800円へ値上げします。無料のうちに今すぐ手にしてください!  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です